薬での手汗治療

「電車に乗ったら汗をかくんじゃないか」
「商談の最中に汗が止まらなくなるかもしれない」

 

このような不安を薬で取り除く療法があります。

 

  • 精神安定剤(マイナートランキライザーなど)
  • 自律神経中枢調整剤(ベレルガルなど)
  • 中枢性の睡眠剤(バルビタールなど)

が処方されます。

 

 

ただし、こういった新薬は眠気やふらつきなどの副作用が起きることがあり、日常的に服用を続けることには問題もあります。

 

 

なので、漢方薬も使われています。

 

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゆうこつぼれいとう)
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゆうこつぼれいとう)

などがあります。

 

 

 

 

精神安定剤以外に発汗のしくみに直接作用する薬も有効です。

 

 

 

脳から「汗をかけ」という指令のエクリン腺に伝えるのは交感神経ですが、そのときアセチルコリンという化学物質が神経と神経をつなぐメッセンジャーをしています。

 

そのアセチルコリンを「出入り禁止」にしてしまう薬(抗コリン剤)を投与すれば発汗をおさえることができます。

 

 

抗コリン剤には硫酸アトロピンやロートエキス、臭化プロパンザインなどがあります。

 

ただし、これらの薬は口の渇きや便秘、胃腸障害などの副作用がでることがあります。

 

また、緑内障や高血圧、前立腺肥大の人は注意して服用しなければなりません。

 

 

なので、漢方薬を常備薬とし、抗コリン剤はどうしても汗をかきたくない大事な仕事のときなどに限って服用を勧める医師が多いようです。

 

 

 

薬をつかって汗が減ると、自信がつき薬なしでも汗がでにくくなるという好循環も期待できるようです。

 

 

また、薬をふだんから持ち歩くことでいざというときも薬で汗が抑えられるという安心感を持つことができます。